女の人

加齢に伴う痛みに

膝

軟骨のすり減りが原因

年齢を重ねると膝の痛みを訴える人が増えてきます。これは関節の軟骨がすり減ったり欠けてしまい、周りに炎症を引き起こしてしまいます。膝は歩く、しゃがむなど日常生活でよく使っている場所であることと体重がかかる場所なので、軟骨が他の関節に比べてすり減りやすいのです。膝の痛みが出ると歩いたり運動するのもおっくうになるのでさらに筋肉が弱くなり、症状が進むという悪循環に陥ってしまいます。筋肉が弱くなる40代ごろから症状が出始める人が多いため、膝の痛みの原因を知り、早めに対処を始めておくことが重要です。その一つがサプリメントの利用です。関節の軟骨はすり減ったり欠けると元に戻らないと言われているため、予防しておくことが重要になります。

どんなサプリが良いのか

膝の痛みに効果が期待できるサプリメントはグルコサミンやコンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸などです。美肌を保つために有効だと言われている成分も多く含まれていますが、これらの成分は肌だけではなく骨や筋肉にも含まれているためです。体内で新しい軟骨を生成するために必要な成分や、痛みを軽減する効果が期待できる成分です。普段の食事からでは軟骨を修復するための量を摂取することは難しいので、サプリメントで必要な量を摂りいれることが重要になります。しかし膝の痛みが悪化してからでは効果を実感しにくくなってしまうため、痛みが出る前や痛みが初期〜中期の段階でこれらのサプリメントを利用し始めるのが効果的だと言われています。